製紙用薬剤・防腐・防黴・殺菌ならパーマケム・アジア


会社情報 沿革

現在地 :
HOME > 会社情報 > 沿革

パーマケム・アジアのこれまでの歩みです。

昭和31年
(1956年)

日本鉱業株式会社系列の日鉱商事株式会社より出資を受け、東京都港区に東邦物産交易株式会社として設立。

同年、米国フロリダ州にあるパーマケム・コーポレーションとの間に契約を締結し、日本及び東南アジア地区におけるパーマケム製品の製造、販売を開始。

昭和32年
(1957年)

東京都北区に化学研究所を開設。

同年、米国パーマケム・コーポレーションとの契約に基づき社名変更を行い、新社名を株式会社パーマケム・アジアとする(なお、その後米国パーマケム・コーポレーションとの契約を解消し独立独歩となる)。

昭和33年
(1958年)
本社を東京都中央区日本橋人形町に移転すると同時に、微生物試験室の拡充を図る
昭和35年
(1960年)
横浜工場を開設
あわせて同所に化学研究所を移転
昭和47年
(1972年)
横浜工場を横浜事業所と改称
昭和50年
(1975年)
鳥浜工場を開設、生産部門の拡充強化を図る。
同年、横浜企業株式会社へ資本参加。
昭和55年
(1980年)
本社を日本橋堀留町に移転
昭和58年
(1983年)
医薬品製造専門工場として、菊川工場を開設。
製造の両輪が強化される。
平成元年
(1989年)
北海道地区の販売を強化するため、苫小牧市に北海道出張所を開設
平成4年
(1992年)
R&Dセンター開設
研究開発・微生物試験の強化を図る
平成6年
(1994年)
東海地区の販売を強化するため、菊川町に東海出張所を開設
平成16年
(2004年)
本社を日本橋大伝馬町に移転
平成22年
(2010年)
本社を現在地に移転

パーマケム・アジアのこだわり

  • 品質へのこだわり
  • 研究・開発
  • お問い合わせ・資料請求

パーマケム・アジアでは、品質保証の国際規格であるISO9001を取得しています(菊川工場除く)。